パスポートが盗まれた時にしなければならないこと

旅行する際に気をつけること

海外旅行をする際に気をつけなければならないのが、パスポートです。日本のパスポートは狙われやすく、海外では盗もうとする人が存在しています。日本と比べて海外では強盗やひったくりが多く、海外旅行をしてパスポートを盗まれたという人もたくさんいます。もしパスポートを盗まれてしまった場合はどうすれば良いのか、事前に把握しておくことが大切です。

パスポートを盗まれた時の行動

もしパスポートが盗まれてしまったら、すぐに日本大使館へ行くことです。そしてパスポートを盗まれてしまったことを即座に伝え、その後の行動について教えてもらいます。パスポートが盗まれてしまえば、まず帰国のための渡航書を発行してもらいます。又は新しいパスポートを発行してもらいます。もしパスポートを新しく作ってもらう場合は、一週間から二週間かかるそうで、その期間滞在しなければなりません。渡航書も1日から3日ほどかかると言われています。

事前の知識を持つことの大切さ

いつでもトラブルが起きた時のために、事前に日本大使館の場所を知ることはとても大切なことです。旅行にトラブルはつきものというだけに、トラブルが起きるものということを前提にして旅行を楽しむことが良いかもしれません。突然パスポートが盗まれた時、多くの人はパニックになります。しかし事前に日本大使館の場所を把握していれば、その後冷静になって行動することができます。冷静になることができればトラブルも大きな事態にならず、残りの時間を十分楽しむことができるようにもなります。

バイザポートについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です